<< 差別と日本人 | main | 二代目魔女のハーブティー―魔法の庭ものがたり〈2〉 >>
サヨナライツカ

ミポリン世代なので、つい

辻さんの作品は初めてだったのですが、とても読みやすかったです。

前半はかる〜く官能小説風、後半は泣かせにくる韓流調。
ストーリー全体は「男の人の妄想の世界」って感じですが、
泣いてしまった・・・。


| ママの読書 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック